PATTAYAなのに静かに滞在できるジョムティエンビーチを紹介します

皆さんパタヤに行かれたことはありますか?バンコクからバスで3時間程度で行くことが出来る人気のビーチリゾートですね。ナイトライフばかりが注目されるパタヤですがウォーキンストリートから離れると、静かで落ち着いた休日を楽しむことが出来るんですよ。そんな日本人にはなじみの薄いパタヤのもう一つの顔を今日は紹介します。

ロシア人やリタイヤ組で賑わうジョムティエンビーチ

パタヤの中心部からソンテウに乗って15分ほど南へ向かうと、ジョムティエンビーチ・ドンタンビーチがあるエリアに到着します。ビーチロードやウォーキンストリート沿いとは打って変わって、落ち着いた雰囲気のビーチにきっと癒されるでしょう。このエリアはロシア人の長期滞在者や、コンドミニアムを購入したリタイヤ組のファラン(白人のことを指すタイ語)で賑わっています。

View this post on Instagram

Back in Pattaya. #jomtienbeach #friday

A post shared by Max Boldberg (@maxboldberg) on

このようにきれいなビーチが南に向けて連なっています。どうです?きれいですよね?どのビーチも人で混雑することはあまりなく、落ち着いた雰囲気で海水浴を楽しむことが出来るんです。個人的には30代や40代のちょっと落ち着いた夫婦の方やカップルで滞在するのがお勧めです。

美味しいレストランも沢山あります

ジョムティエンビーチでお勧めのレストランは、日本人にはなじみの薄いJee Dtum(ครัวเจ๊ตุ้ม)と言うお店です。ちょっと離れたところにあるのに、ローカルの人でいつもにぎわっています。

新鮮なシーフードや以前紹介したナンプリックガピ(エビのペーストのディップ)が人気のお店です。是非日本から来た皆さんに訪れてほしいおすすめのお店ですよ。個人的にはパタヤで一番美味しいお店だと思っています。

ジョムティエンビーチのおススメホテルを紹介します

ジョムティエンビーチに滞在する際におすすめなのがこの「ジンリゾートアンドスパ」と言うホテルです。ジョムティエンコンプレックスという複合施設の中にあり、建物自体は少し古いのですが丁寧に管理されているのでお安く快適に滞在することが出来ます。

このホテルに泊まる際お勧めしたいのが写真のベランダからプールが見える部屋を是非予約してください。1泊3000円程度でかなりリゾート気分を味わうことが出来ますよ。

まとめ

いかがでしたか?今日はパタヤにある落ち着いたエリア、ジョムティエンビーチをご紹介しました。ホテルやレストラン以外にも、ブラインドマッサージの名店やニューハーフショーがドリンク代だけで楽しめる素敵なお店もあります。パタヤのメインストリートとは違ってゆっくり楽しめるので静かな環境が好きな人にはお勧めです。バンコクからも1泊で行けてしまう距離で少し大人のリゾートが楽しめてしまうので、是非機会があれば訪れてみてくださいね。